体に害がないと言われている



石鹸は無添加のほうがいいといわれています。 しかし、そのことがいったい本当かどうか、意味があるものなのかについて考えていきましょう。 無添加といえば化粧品以外でも石鹸でも選ぶ人が近年では増えています。 洗浄力が合成洗剤よりも緩やかで環境にも少しですがやさしいからです。 色々な商品が販売されているのです。 しかし、これは実際のところどれをチェックし選べばいいのでしょうか。 まず洗浄成分を見て純石けんになっていることを確認しましょう。 カリ石けん素地とかかれていることが最初から基本です。 つまり、これは界面活性剤がほとんど使用されていないということです。
敏感肌


成分はでは何で出来ているのでしょうか?



合成ポリマーが使われていたりすることもありますから、無添加を選ぶ際にはちゃんと本当にシンプルな物を選んでください。 そしてタール色素、保存料不使用かどうかもポイントです。 このような石けんの中にはカラフルなものも販売されています。 こうして見ているだけで楽しいと感じると思いますが、これを比較するとこれはタール色素は余りよくない成分です。 もし色が付いていたとしても、その成分はカラメル、ハーブ、植物由来の天然色素だった場合にはいいのです。 しかし合成着色料などは使用されていないようにしましょう。 洗浄成分は石けんになっているのに、成分はパラベンといった保存料が使われていることもあります。 そして、こうしたものは長期保存で変色をしないように、これは配合されていますから注意しましょう。 これは化学合成の香料不使用であることも、初期段階では重要です。 石けんのかおりは実は、これは後から追加しつけているような成分の合成香料です。 そしてデータで見ると原材料の油の臭いをわからなくするためにユーザーはこれを使っているのです。 これは、かなり石けんの香りがあまりにも刺激的で強いものは無添加とはいえません。

  • 自分に合う石鹸
  • 洗顔
  • シャンプー
  • 種類
  • 泡立て方