乾燥しやすい方には



洗顔をした時に、冷たい水で洗ったときにはなんとなく洗い上がりがベタベタしているような感じがしたりします。 熱いお湯で洗うととてもサッパリした洗い上がりになるなと感じたことはありませんか。 洗顔剤を使っての洗顔に限らず、顔を洗うときには、確実に使う水の温度ってとても重要でかなり大切です。 熱いお湯を使って洗顔すると、肌にとって必要な皮脂も洗い落としてしまうためです。 乾燥肌の方にとっては肌トラブルの原因にもなりかねません。 結果的にはこのように「洗い上がりがサッパリする」ということはどうでしょうか。 内容は実は皮脂がたくさん取れたためなのです。 乾燥肌の場合には、ぬるま湯の温度も25度前後の水温が理想的です。 アンケートなどではゴシゴシこすったりすると肌表面の角質層なども保護できずに壊れてしまうためです。 乾燥が一層進んだりタルミやシワの原因にもなるので、細部まで注意が必要です。
無添加


オイリーで油分が多い方は



一方、オイリーな方は冷たい水で行為を行ったとしても毛穴の中の汚れなどが、全てを洗いきれないためです。 これは簡単にニキビができやすい状態が続いてしまいます。 そのため、どうしても使うお湯の温度も30度より少し高めぐらいが設定は良いようです。 敏感系の方や混合系の場合には、水温は低めの25度前後にしましょう。 このような水温は低めでも付ける前によく泡立てて優しくすれば毛穴の中に詰まっている汚れや皮脂です。 または角質なども全て洗い落とす事がここではできます。 また、洗顔後に水分と皮脂のバランスを整えてくれる化粧水や保湿液などを使えばかなり良いでしょう。 比較的全体の水分バランスが少しずつ改善されていくようです。 どんな肌質でも、しっかりと丁寧によく泡立ててみましょう。 いくつかの層で包み込むように洗うのがポイント。 この基準は泡の滑りを利用して無理にポイントをマッサージするのもこれから危険なNGです。 これを爪でゴシゴシと毛穴の中に洗顔剤を刷り込むように、無駄に強くこするのもNGです。

  • 自分に合う石鹸
  • 敏感肌
  • シャンプー
  • 種類
  • 泡立て方